おにいちゃんがいてよかった☆ステキな小児科医の絵本

絵本は読者の感受性との出会いですこころをゆたかにしてくれると実感しますおにいちゃんがいてよかった細谷亮太(作)永井泰子(絵) 作者は、聖路加国際病院の小児科のお医者さんです子どもへの思いと目線がほんとうにやさしい…そのことがこの絵本から、しみじみと伝わってきます主人公のみなみちゃんは、病気のおにいちゃんの妹ですなぜ、この絵本が生まれたのか…あとがき「絵本にそえて」に明確に述べられておられます病気の子...続きを読む >