イジス写真展<パリに見た夢>

イジスの詩的な写真の世界

2010年にイジスの大回顧展がパリ市庁舎で開催され、大きな話題を呼んだという、『イジス写真展 ~パリに見た夢~』の日本巡回展、美術館「えき」京都でやっているので、行ってきました。JR京都駅にあるので交通の便がとてもいいですね。



リトアニアの貧しいユダヤ人の家庭の生まれたイジス。彼の好んだパリは、おしゃれな紳士や婦人、生粋のパリジャンではなく、パリを下支えする労働者たちや地道に毎日を過ごす庶民たち。詩的でメランコリックな写真。とても人間的で、感動的でした。



カラーでデジタルの鮮明なテレビ画像にはない、モノクロのアナログな写真世界が魅力的です。2月26日(日)まで開催されています。