♪京都三大祭の一つ、平安神宮の「時代祭」

レバンテ聖護院の近くの平安神宮の京都三大祭の一つ「時代祭」に行ってきました(^^)/

平安神宮は明治28年に平安遷都1100年を記念して桓武天皇をご祭神として創建され、昭和15年に孝明天皇が合祀されました。

時代祭は毎年、平安遷都の10月22日に行われています。メインの「時代風俗行列」は明治時代から平安時代へと遡ります。

一番印象深かったのは、こちらの室町時代の「室町洛中風俗列」の「風流踊り」です。

muromachi.jpg


行列の先頭を飾ったのは、京都文化交流コンベンションビューローの横断幕を持った華やかな平安貴族の衣装の女性たち。

heian.jpg


時代風俗行列の先頭は、明治維新時代の「維新志士列」です。「御使番」の黒毛付きの陣笠が独特ですね。

meijiisin1.jpg


鎌倉時代の「城南流鏑馬列」では綾藺笠を被っています。

kamakura.jpg


最後の列は「神幸列」です。御鳳輦に鎮座されたご祭神が京都を巡行され市民の安らかなさまを親しくご覧になられる主たる列で、各行列はご祭神にお供をしています。

sinko-retsu.jpg



平安神宮

京都市左京区岡崎西天王町97
TELL 075-761-0221





レバンテ聖護院メインサイト | 入居者情報