♪京都国立近代美術館の「藤田嗣治展」(^^♪

レバンテ聖護院の近くの京都国立近代美術館で12月16日まで開催されている「藤田嗣治展」に行ってきました(^^♪

以前、レバンテ聖護院の入居者サービスブログでご紹介しましたね。藤田嗣治没後50年の大回顧展です。

fujita.jpg

明治生まれの藤田嗣治は、フランスのパリに渡り、大成功を収め、フランス国籍を取得されました。

作品は風景画、肖像画、裸婦、宗教画の順に、世界を旅しながら波乱万丈の人生を送った藤田嗣治の生涯を辿っていきます。

fujita2.jpg

上の写真のポスターの絵画「カフェ」は、ニューヨークに滞在している時に、パリのことを思い出して描かれたそうです。

フランスの少女と猫や藤田嗣治の代名詞と言われる「乳白色の下地」の裸婦の代表作など、美しく印象的でした。

fujita3.jpg


京都国立近代美術館

京都市左京区岡崎円勝寺町
TELL 075-761-4111

開館時間 開館9:30~17:00 (金・土は20:00まで)
*入館は閉館30分前まで

休館日 月曜日

拝観料

一般1500円 大学生1100円 高校生600円





  
  
※注:記載内容は投稿したときの情報です。お店のメニューや営業時間やお休みなどが変わったりすることがあります。  

レバンテ聖護院メインサイト | 入居者情報