辰巳浜子さんの料理歳時記☆季節の道標

朝晩の気温も下がり、ホントに秋らしくなってきました
通勤途中、木々が黄色づいてきて、秋が始まったなあ…って思います!
なす、栗、秋サバ、秋刀魚、葡萄…好きなものばかり

日本は四季それぞれが豊かだから、それぞれの旬の食べものも豊か
でも、ときどき、旬がわからなくなるくらい、栽培技術がよくなって
季節幅が広く、スーパーで売られていますよね

料理歳時記 辰巳浜子(著)

PA062347.jpg

そんな中で、この本、食べものを通じて、季節感を満喫することができました。
旬の食べものの料理法。日本人の知恵という感じ。季節の道しるべです

なによりもすばらしいと思ったのは、材料、分量が書いてあるレシピ本ではなくて、
エッセイのように文章でつづられていて、ああ、そうか。こうして作るのだとわかります

秋の章では、秋サバ、秋刀魚、鰯、葡萄、栗、柿の葉、菊、銀杏、
あけび、むかご、オクラ、蓮根、なす、米…など。

それぞれの食材への思い、エピソード、素材を生かす料理法
この本を通じて、新しく教えてもらうと同時に
忘れかけていた旬の料理法と食べ方が私の中で復活しました





レバンテ聖護院メインサイト | 入居者情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する